情報公開

各園のクラス編成

幼稚園型
認定こども園
出水幼稚園


担任
補助・支援
保育教諭・子育て支援員
介護
職員
事務・
子育て支援員・
バス
クラス 年齢
 ひよこ 2歳児
満3歳児
   
○○(副) 
○○○○     

○(園長)     

○(指導教諭)  

○(フリー本務教諭) 


○(預かり教諭) 
○ ○
○ ○
あかA 3歳児 年少
あかB 3歳児 年少
あおA 4歳児 年中
あおB 4歳児 年中
きA 5歳児 年長 ○(主幹教諭)
きB 5歳児 年長
もも 3-5歳児 年少・年中・年長 特別支援教育
クラス
○(主幹教諭)
○○     ○○(副)
 


白山幼稚園


担任

補助・支援
保育教諭
介護
職員
事務・子育て支援員
バス
クラス 年齢
もも  2歳児
満3歳児
年少より一学年小さい幼児  子育て支援   クラス
○○(副)
 
○○○○     
   
○(園長)     

○(主幹教諭) 

○(預かり教諭)  



あか1 3歳児 年少
あか2 3歳児 年少
あお1 4歳児 年中
あお2 4歳児 年中
き1 5歳児 年長
き2 5歳児 年長


画図幼稚園


担任

補助・支援
保育教諭
介護
職員
事務
バス
クラス 年齢
あか 2歳児
満3歳児
年少より一学年小さい幼児  子育て支援   クラス
 ○○(副)
○○○      

○(園長)     

○主幹教諭
  

(フリー本務教諭)

○(預かり教諭)


○○

もも1 3歳児 年少
もも2 3歳児 年少
もも3 3歳児 年少
しろ1 4歳児 年中
しろ2 4歳児 年中
きの1 5歳児 年長
きの2 5歳児 年長


創設者・理事長・園長の紹介と本務教員の免許・資格

学校法人中九州学園
     
創設者夫妻

 後藤只子先生

  平成17年教育功労により瑞宝双光章受章

  公立の小学校及び幼稚園教諭を歴任後、園長となる。

  平成20年4月 白山幼稚園名誉園長となる。

  平成25年㋄23日他界。
  

 後藤包先生


  平成5年教育功労により勲五等瑞宝章受章

  公立の小・中学校教諭・校長を歴任後、園長となる。

  平成20年4月28日他界。


理事長 

        
 後藤和文
  
  熊本県立済々高等学校卒業               

  東北大学卒業                

  米国アーカンソー大学大学院修士課程修了  M.S.(理学修士)

  米国アーカンソー大学大学院博士課程修了  Ph.D.((学術博士) 

  米国アーカンソー大学医学部ポストドクターフェロー(博士研究員)

  鹿児島大学教官(助手・助教授・教授) 専門: 生命科学

  平成10年3月、鹿児島大学教授を47歳で依願退職して、 中九州学園の後継者となる。


生命研究者としての主な業績

 1990年、世界で初めて死んだ精子を用いた顕微授精により子を誕生させることに成功。

精子は死んでもその中の遺伝子が正常なら子どもが生まれることを実証し、生命誕生に新たな

扉を開いた。

この成果は人の不妊治療や希少動物の誕生に応用されており、国内外から高い評価がなされ

学術学会賞が与えられた。また、マスコミからも表彰された

       受賞:

         1989年 南日本文化賞: 学術産業部門(研究室で団体受賞)

         1990年 アジア・大洋州アニマルサイエンス学会最優秀科学賞 (国際学会賞)

         1993年 日本畜産学会賞

         1995年 南日本放送(MBC)賞

         2003年 信友社賞

出水幼稚園

  
園長: 後藤順子 熊本大学教育学部卒業。 幼稚園教諭を歴任後、園長となる。
    
   本務保育教諭 12名、 本務職員(介護職員、事務職員、子育て支援員) 3名、 

   兼務保育教員、6名、兼務職員 4名、給食職員 3名

白山幼稚園

  園長: 後藤順子 熊本大学教育学部卒業。 幼稚園教諭を歴任後、園長となる。

              平成27年4月から出水幼稚園長を兼任。
 
   本務保育教諭 8名、 本務職員(介護職員、事務・子育て支援員) 2名、 

   兼務保育教員、6名、兼務職員 1名 

画図幼稚園

  
園長: 後藤和文 中九州学園理事長の紹介をご覧ください。

   本務保育教諭 10名 (内1名は事務を兼ねる)、 本務職員(介護職員) 1名、 

   兼務保育教員 6名、兼務職員 1名 
                           

主な研修・研究制度

 
教職員の研修や研究には特に力を入れており、毎年多額の金を準備して教職員をサポート

 している。

  また、熊本県幼稚園教育課程・保育所保育課程協議会で、毎年その年度の研究成果を発表

  している。

  さらに、 幼児教育に関する全国大会でも積極的に研究発表をしている。

加入団体・参加研修会

 
全国幼稚園協議会(全国幼児教育研究大会)

 熊本県私立幼稚園連合会(教職員研修大会、教育専門講座、主任研修会、園長研修会)

 熊本市私立幼稚園協会(教職員研修大会、教員研修会、主任研修会、園長研修会)

 九州保育研究会(研修大会)

 その他、国、熊本県・市、各種団体、地域が主催する研修会などに積極的に参加しています。

  人権研修会

  安全研修会

  各種実技研修会

  特別支援教育研修・研究会

  熊本大学単位認定講習会

  教育課程推進会議

  九州幼年美術研修会

  幼児教育実践学会

  新規採用教員研修

  熊本県幼稚園10年経験者研修

  幼稚園教育課程・保育所保育課程研究協議会

  など



    自己点検・自己評価結果及び学校関係者評価委員会の

       学校評価結果の公表(平成29年度)

     学校法人中九州学園(出水・白山・画図幼稚園)

1. 建学の精神・教育理念・教育方針・教育目標・目指す教師像

建学の精神

 一人ひとりの幼児の無限に近い可能性を信じ、その可能性に希望の火を点じ、その火が永久に燃えるようにとの願いを込めた幼児教育・保育を行う。

教育・保育理念

 ○ どの子どもにも・・・分け隔てなくすべての幼児に
 ○ よい環境で・・・安心して遊べるぬくもりのある環境で
 ○ よい教師による・・・質の高い教師による(目指す教師像)
 ○ よい教育・保育を行う・・・一人ひとりの能力に応じた教育・保育を行う

教育・保育方針

 1. すべての幼児に門戸を開き、その能力に応じた教育・保育を行う。
 2. 一人ひとりの幼児の人格を尊重した教育・保育を行う。
 3. 徒歩通園(歩くこと)を重視した教育・保育を行う。
 4. 健常児と特別な支援が必要な子どもが共に育つ統合教育・保育を行う。
 5. 地域社会に密着した教育・保育を行う。

教育・保育目標(目指す幼児像)

 ○ 知・徳・体の調和のとれた人間を育てます。
   ・個性豊かで思考力に富む人間(知)
   ・豊かな情操とたくましい意欲をもつ人間(徳)
   ・明るく、強く、おおらかな人間(体)

目指す教師像

 1. 人情のある教師
 2. 子どもといっしょに遊び得る教師
 3. 人間の偉大さを知る教師
 4. 自然を愛し、自然に興味をもつ教師
 5. 子どもの僕たり得る教師
 6. 創造的な教師
 7. 子どもと同じ目の高さになれる教師
 8. 幼児教育の専門的な目をもつ教師
 9. 一人ひとりの幼児をみつめる努力をする教師
 10. 公平無私の教師

 

2. 本年度、重点的に取り組む目標・計画

 国や県や私立幼稚園連合会などが主催する研修会に積極的に参加するとともに、自園の教育課程や指導計画の内容を見直し改善し、教職員の共通理解をはかり、教育・保育の質を高める。

 本園の教育・保育理念や方針等を保護者に話すとともに、保護者のニーズや本園の教育・保育に対する意見や助言を聞き、本園としての中・長期のビジョンを明確にしていく。施設設備の改善・充実を図り、安全な幼稚園環境の整備に努める。

3. 評価項目の達成及び取り組み状況

評価項目

取組状況

幼稚園教育要領、幼保連携型認定こども園教育・保育要領の精神を踏まえ、園の教育・保育理念、教育・保育方針にしたがい編成している。

幼稚園教育要領や幼保連携型認定こども園教育・保育要領の説明会や研修会に、全教員が参加し、教職員の共通理解をはかり、教育課程や保育課程、指導計画の見直しと編成を行っている。

教育要領、保育要領、教育・保育課程、子どもの実態などをもとに考えている

毎年、学期の終わりに、年間の指導計画の見直しを行い、幼児の実態に即した内容にしている。

子どもの実態を的確につかみ、具体的な手立てを講じる。

教師は一人ひとりの日々の活動や記録から幼児の実態を把握し、日案の作成に反映させている。

各クラスの状況の把握

毎日の教職員の打ち合わせの時間、さらには毎週行っている職員会議の時間に情報の交流を密に行っている。

子どもの良さを認めて評価しようとしている。

毎日教職員で話し合いをもち、全教職員が一人ひとりの幼児について共通理解がもてるようにしている。クラスや学年の枠を超えて全教職員で一人ひとりの幼児を支援している。

遊びを通して工夫したり、協力したりする姿が見られる。

幼稚園の環境構成については全教職員で話し合い、幼児が自分で工夫して遊び、それが発展して互いの特性を活かし合いながら友達と協力して遊べるようにしている。

規則正しい生活習慣の定着に向けての指導を行う。

登園から降園までの一日の流れの中で、身につけて欲しい生活習慣の指導と実践を行っている。

全教職員がお互いの教育・保育を観察し勉強できるようにしている。

他のクラスや姉妹園のクラスを見学したり、熊本市私立幼稚園協会や熊本大学附属幼稚園が開催する公開保育などに参加して、その報告会を開き、より良い教育が行えるようにしている。

各研修会や研究会に積極的に参加して教職員に資料提供している。

国、県、市、全日本私立幼稚園連合会などが主催する各種の研修会に積極的に参加し、報告書の作成を行うとともに職員会議でも情報を提供し、学んだことを共有化できるようにしている。幼稚園も研修のための経済的な支援に力を入れている。

園便りや合同研修会をとおして幼稚園の情報を発信していく。

園の教育方針や取組を毎週のお便りに記載している。姉妹園との情報の交流や合同の勉強会を行っている。

教育・保育目標や短期経営目標と連鎖した評価項目を作成。実施・反省・対応のサイクルを確立する。

PDCAサイクルを念頭に置き、さらに充実したきょういくになるように配慮している。 P=Plan計画、 D = Do実行(実施)、C = Check、評価、 A = Act改善(処置)

特別支援教育・保育

一人ひとりの幼児のニーズに対応した支援を行い、個別の指導計画・教育支援計画も作成している。外部の療育関係の機関との連携も積極的に行っている。

預かり保育

通常保育後に幼児に無理がない範囲で一時預かり保育を行い、保護者のニーズに応えている。また、長期休暇中も一時預かり保育を朝8時半から午後6時30分まで実施している。

子育て支援

3園とも子育て支援として、月に2-3回未就園児の親子を対象にして 「おやこひろば」を開催し、親と子どもがともに育つ場を無料で提供している。
また、3園とも常時園庭を開放し、未就園児と保護者の遊びと交流の場を提供している。

安全管理・飲料水の検査

日々の遊具等の安全点検の他に年に一回(8月)専門の業者による安全点検も実施し、子どもたちが安心、安全に遊べる環境になるようにしている。
飲料水の検査は、毎年4月に熊本県薬剤師協会にお願いしている。

教育・保育環境整備

施設や設備の安全・維持管理のための点検を長期休暇中に行っている。空気清浄機とエアコンを全教室に設置している。
AEDも園に常備されている。

園に対する保護者の気持の把握

幼稚園の教育や行事に対して保護者から感想や意見をいただくようにしている。また、担任と保護者間に連絡帳があり、いつでもご意見をいただけるようになっている。

園の財務状況

借入金はなく、毎年公認会計士と幼稚園の監査員より監査を受け適正に処理されているとの報告を受けている。

情報提供

保護者との連携

園便りや学級便りさらには各家庭との連絡帳などにより情報の提供をはかっている。
毎日の送り迎えの時間に積極的に保護者との会話を行い、互いの情報の交流に努めている。
また、園のホームページも充実したものになるよう努力している。

園児募集

子どもの視点に立った本園の教育理念・方針、そしてお弁当の大切さをわかりやすく保護者に話すことの重要性を感じた。特に新入園児の保護者の方にその意義を理解してもらうよう在園児の保護者の感想を含めたパンフレットを作成した。

4. 自己点検・自己評価による具体的な目標や計画の総合的な評価結果

結 果

理 由


良好

教師一人ひとりが学校評価の趣旨を理解し、各自適切に自己点検、自己評価に取り組んだ。今後も客観的な目で自らの教育・保育を振り返り、さらに充実した実践ができるように努力を積み重ねていきたい。

施設面では理事長が中心となって環境整備に力を入れ、また教職員も日々の遊具等の安全点検を行い、さらに年に一回の専門の業者の安全点検も実施して、子どもたちが安心、安全に遊べる環境になるように努力した。


保護者からの学校評価はとても良かったが、いくつかの改善が好ましいと思われる助言については本園の教育・保育方針とも照らし合わせながら前向きに進めていきたい。

5. 今後取り組むべき課題

課 題

具体的な取組方法

中九州学園の育・保育の理解の推進

出水、白山、画図幼稚園の教育・保育については保護者の皆様から良好な評価を得ているので、在園児以外の方への情報発信を進めて行きたい。

自己点検、自己評価

毎年3月末に各教職員が自己点検、自己評価を行い、それを元に全員で話し合いをしているが、その結果が次年度の幼児教育・保育に活かされるようさらに努力する。

指導計画の編成

教育課程や指導計画の見直しは年に3回行っている。本年度も指導計画の改善・作成のために、訂正、加筆をさらに加え、園を取り巻く環境や幼児の実態に即した新たな指導計画の編成に取り組んでいく。

教育・保育環境整備

園舎、設備、遊具、栽培園、野外保育所などの環境整備にをさらに充実していきたい。

本学園の各種取り組みの理由の説明

なぜ先回り教育ではなく、幼児期にふさわしい教育が大切か?
保育料はなぜ口座引き落としではないか?

なぜメールでなく、電話連絡が主体か? 
その他

6. 学校関係者評価委員会の評価結果

(保護者からの学校評価の回収結果と本学園教職員の自己点検・自己評価をもとに、5名の委員から構成される委員会の意見 )

 開催日

結果

               意 見




平成30年

 5月13日

 


良好

 保護者から回収した学校評価と教職員の自己点検・自己評価をもとに、出水幼稚園、白山幼稚園、画図幼稚園について評価がなされた。
 その結果は、下記のようである。
 ① 適切で良好な教育・保育と運営がなされている。
 ② 学校評価も積極的に取り組まれており、幼児教育・保育への意識の高さが伺える。

 ③ 幼稚園の環境整備も積極的に取り組まれており、安全で安心できる幼稚園を目指   していることが伝わってくる。
 ④ 保護者の学校評価も良好で、幼稚園が信頼されていることが分かる。
 ⑤ 特別支援教育・保育では全国的にも先駆的な幼稚園であるので今後とも期待したい。
 

 幼稚園が幼児教育の充実と発展に努力していることが良く分かり、保護者からの学校評価も良好であるが、幼児教育・保育を取り巻く情勢は急激に変わりつつあるので最新の情報を入手して質の高い教育・保育を行うとともに、経営的にも安定したものになるよう努めること。

(学校関係者評価委員会)

① 保護者: 保護者全員に学校評価をお願いし、それを回収・集計する。
② 学識有権者:     3名
③ 地域の人・保護者:  2名
④ 前保育教諭:     1名

 オブザーバー: 園長及び理事長




目ざす幼児像

かしこい子
やさしい子
たくましい子
目ざす幼稚園像

いっぱい遊べる幼稚園
たのしいたのしい幼稚園
なかよしこよしの幼稚園



HOME

幼稚園案内 教育・保育時間       入園料 保育料 
スクールバス 給食
お知らせ 園児募集
本園に就職希望の方へ
本園の特色 特別支援教育 情報公開
教育関係 財務関係
年間の主な行事 子育て支援
預かり保育 2歳児クラス
写真 野外保育場